FC2ブログ

死ぬまで猫と暮らしたい!

003.jpg

何てことない日常に
幸せを感じる・・・


001.jpg

パソコン作業をしていても
手伝ってくれる訳でもないが
ずっとず~~っと一緒に居たいなぁ・・・

002.jpg

ね。
ヤン子さん。

1日18時間くらいねているのかな?

起きてるときは
ごはんとお水・トイレ
私も時間の合間を縫って
ヤン子さんと
昼寝をするぞ~~~

猫は
ゆとりのある生活を教えてくれる。
スポンサーサイト



キンとキク

キンとキク


kinkiku.jpg


キン 15歳 八割れ オス  約10kg
動物病院の先生に ウチの患畜で1、⒉を争う重量級だ!と
褒められたかどうだか分らない お言葉を頂戴しました~。

キク 4歳 茶トラ メス  4.5kg
雨の日に車のボンネットの中に入りこんでいました。


4年目にして やっと
 背中合わせに眠れるようになりました。


今年の冬は
2匹丸まって 猫団子で
暖をとれるかなぁ~~~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

銀ちゃんのその後②

hiramatuginko.jpg


結局 銀ちゃんのお世話の間中
銀ちゃんが出てきてくれることは無かったのですが

最後の日には
なんとなく 銀ちゃんのいる場所の空気感が
昨日までと違います。


『 もうちょっとだから。 』と
『 良かった… 』 って、ホっとしたようなイメージが

銀ちゃんから伝わってきました。


その日 帰ってきたお父さんからのメールには


『銀子の熱烈な歓迎を受けました。笑』

と、ありました。
銀ちゃんよく頑張ったね!!
良かったね!!


『おかげで何の心配もなく旅行に行くことができました。』と

私にも、温かい言葉を掛けて頂きました。

嬉しいです!!

私もシッターの仕事
頑張るぞ~~

ありがとうございました。
感謝

銀ちゃんとのコミュニケーション

hiramatuginko.jpg


お世話先の 銀ちゃん
とってもシャイで
どこにいるのかわかりません。

しかし、銀ちゃんのお母さんが
『 いつも、ここにいます』 といわれた
倉庫の棚の一番下のお気に入りのスペースにはいなくて

変だなぁ~と思っていたら
棚の上の方から 見下ろしていた。

『ここにいたんだ。 おはよう!銀ちゃん!』

「誰よ! アンタ!!」

『銀ちゃんのお世話に来たよ』というやいなや

シャア~~~!!
と威嚇された。

『 あらぁ?
この間の打ち合わせで 挨拶したんだけどな・・・』

「私の方が上よ!
 勝手に慣れ慣れしくするんじゃないわよ。どこの誰だか分からないアンタなんかに
 お世話されたくないわ! 失礼ね」

お世話するって言葉は 上から目線の言葉に聞こえるらしく
プライドの高い猫ちゃん大怒り

『銀ちゃん。 私はお母さんの友達よ』

「ともだち?お母さんから何もきいてないわ!」

『 お父さんとお母さんがいる時に銀ちゃんに挨拶に来たじゃない。』

「そうだったかしら」

『ほら、目の前でごはんを入れているケージの中を
 ポンポンって上がってみせてくれたじゃないの。
 その時 お母さんと一緒にいたのよ』

「ふ~ん。そうだっけ?」

で、それが何って口調

『お母さんに銀ちゃんの事を頼まれてきたの
お母さんたちがいない間 銀ちゃんが困らないように
ごはんとお水とトイレのこと頼まれたの』

「あ母さんに頼まれたの?本当に?」

『本当よ。お母さんが心配するから 私が銀ちゃんって呼んだら
 出てきてね。
 お父さんと お母さんに留守番を頑張っているところを見せてあげようよ。』

『写真をとってみてもらおうよ。ごはん食べてるとこでも良いし。』

「・・・・・」

『銀ちゃんの写真を見たら お父さんもお母さんも喜ぶよ
帰ってきたら いっぱい褒めてくれるよ』

「・・・」

ぎんちゃんにお願いしました。
返事はなかったけど
明日、写真とれたら良いな~~。














ウサギのチロル君

ネザーランドドワーフのチロル君 7歳
人間でいえばおじいちゃんだそうです。

かなりの高齢と聞きました。
動物さんは かなりのおじいちゃんでも
遜色ありません。

ウサギさんは初めてです。





からっぽになっている容器にごはんを入れる時
早く早くと食べ急いでいるチロル君のほほに当たります。
ふわふわっとして気持ちいい~~。
撫でてみたいな~という気持ちもありますが

ウサギさんはストレスに弱いとも
骨が脆いので勝手に触ってはいけないとも授業で習いました。

留守中の大切な家族のお世話を頼まれているので
何かあっては大変です。

t2.jpg


チロル君のもごもご動かす口元も
小さな手も可愛いなぁ~~と
見ていたら

『 用が済んだら ちゃっちゃと帰んな。』

なんだか そんな風に言われた気がしました~(笑)。

ウサギさんは 可愛いです。
ありがとうございました。





アンちゃんとルル君

アンちゃんはロシアンブルーの男の子 9歳
アメリカンショ-トヘアーのルル君とウサギのチロル君と一緒に住んでいます。

アンちゃんはとってもフレンドリーで 打ち合わせにお伺いした時も
最初から 飼い主さんの横にやってきて
私にも スリスリしてくれた。

an1.jpg

『 おはようアンちゃん! 』
あれ?
アンちゃん どこ?

代わって出迎えてくれたのは
ルル君

ルル君はアメリカンショートヘアーの男の子 6歳

打ち合わせの時は
テーブルの奥の方で隠れていたけど

r1.jpg


毎日 お部屋に入るとルル君が待っていてくれました~。

r2.jpg


さっそくごはんの用意をしていると
いつの間にか アン君が・・・



アン君が食べているのを見て
ルル君も
アン君のごはんの中に顔を突っ込みました~
ひとのごはんが美味しそうに見えるのは
猫ちゃんも一緒なのかな?(笑)


r3.jpg


アンちゃんに怒られたわけではありませんが
ルル君はすぐに離れました。

r4.jpg



『ルル君のごはんはこっちに沢山あるよ。』と言っても
ルル君はルル君のために用意してくれたカリカリを
あまり食べていません。
次の日に見てもあまりへっていません。
・・・が、
アン君のごはんは空っぽです。
ごはんにこだわりがあるというアン君のごはんを
ルル君も ちゃっかり頂いているのかな?

満足すると
アン君はおやつを待っています。
アン君おやつのある所知っていま~す(笑)


an2.jpg


飼い主さんが
『おやつをあげると仲良くなれますよ』と教えてくれました

r5.jpg

アンちゃんとルル君に 代わりばんこにおやつをあげながら
ふと アンちゃんは おやつをもらう時
飼い主さんに
『 お座り・お手・おかわり 』をしていたのを思い出したので
やってみよう!と思いました。

私じゃぁ してくれないかな?とも思いましたが
アンちゃん 上手にしてみせてくれました。

『わ~~アンちゃん! すご~い! 凄い!。 お利口だね~ 』
しっかりナデナデして もう褒めまくり~~~

褒められると 動物さんも どうだい!凄いだろうって顔をするんだなぁって
思いました。

その後 アンちゃんリラックス

an3.jpg

ルルちゃんは
おもちゃが大好きです。

飼い主さんが用意してくれた
ひもの先におもちゃが付いた棒を

ネズミの動き~
今度は鳥の動き~
と振り回してみる


ほ~~ら 次は
にょろにょろの(蛇)動きだ~~~
っと
どっちが遊んでもらっているんだか(笑)

ルルちゃん お付き合いありがとうございました~。

r6.jpg

二匹と一羽。
3日間 みんなで仲良くお留守番ができました~

お疲れ様!
プロフィール

cs.フェリーノ

Author:cs.フェリーノ
岡山倉敷市内でキャットシッターをしている
アニマルコミュニケーターのCS.フェリーノです。
どうぞ宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR